スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山椒


本場四川料理「天府舫」にまた行った。この前ブログで食べ放題の水餃子がとてつもなく美味かったと書いた店だ。


麻婆豆腐が大好きな自分は、それを頼む時に特に辛くしてくれるように頼んだ。
ウェイターは、『うちの麻婆豆腐は普通でもからいですよ。』

自分いわく、『僕は普通じゃないんで、それより辛くして下さい』
『かしこまりました』とウェイター。


超辛いもの好きな自分は、ワクワクと胸が躍る。


目の前に出た麻婆豆腐を大きなスプーンで口に放り込んだ。

くわ~~!これは辛い!
食べがいのある辛さじゃないかぁ~

中国人のウェイターが言っていたことが、本当だった。

喜びのこの激辛を楽しみつつスプーンで続けざまに2~3回口に運んだ。

あれ???
舌が痺れて味が変わってきた。
一緒に付いてきた薄味のスープを口直しに飲んでみるとやたら塩辛く感じる。

塩辛さを消す為に水を飲むと塩水を飲んでる感じになった。

これはいったいどういう事だ!?

舌が完全に痺れてしまって、塩味しかかんじなくなっている。
舌の具合は、正座して足が痺れた時のように半端じゃない痺れ方だ。
料理の複雑な味がまったくわからなくなっていた。

こんなものとても不味くて食べられない。

中国人のウェイターを呼んで、食べきれない事を謝りながら質問した。

この辛さは、唐辛子ではなく山椒の辛さだということ。
麻婆豆腐の麻は、痺れるという意味だということ。
山椒の辛さを増すという事は、痺れることが増すということ。

山椒の辛さになれていない人は、塩辛く味が変わったと感じる人が多いということ。

慣れれば、料理の味がわかってくるとの事。

そういうことなんだぁ~
唐辛子の辛さに強い自分でも山椒の極辛には、初年兵みたいなものだったのだ。

日本の鰻にかける山椒は、弱いという事と日本の麻婆豆腐は、日本人向けにしてあるので、中国人からみる麻婆豆腐とはかなり違うとの事だそうだ。

さすが、本場の四川料理の店!説得力がある。

回鍋肉も日本ではキャベツを炒めるが、四川ではニンニクの葉っぱを炒めるのだって。

いやはや、舌を痺れさせながらも、中国人のウェイターの話を聞いて、少し見識が広くなったことが取り柄だったかな…。



*写真は、自分のの舌を苦しめた、問題の麻婆豆腐*

コメントの投稿

本日のお告げ
拍手!
お店からのメッセージ
神ちゃまグッズ第4弾 懺悔の神ちゃま焼き オンライン販売 神ちゃまグッズ第3弾登場 電子書籍はじめました♪ 限定!神ちゃまチョコ
プロフィール

ブッチー武者(懺悔の神様)

Author:ブッチー武者(懺悔の神様)
オレたちひょうきん族の懺悔の神様こと、
ブッチー武者の公式ブログです。
新キャラクター「懺悔の神ちゃま」も登場!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。