スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大苦戦!血管注射

生まれて初めてこんな病気になった。

おとといは、救急でO病院に行った。

点滴を射ちましょうということで、腕を出したのだが、血管がどこにあるのかハッキリしない。
やっぱり体に脂肪の乗りすぎのせいだと言う。

先生も悪戦苦闘して、ゴニョゴニョやって、なんとか見つかった。

この時の不安感が、体の調子をもっと悪い方向に推し進めてしまうような気がした。

これで明日までに湿疹が引かなかったら、専門の皮膚科に行って下さいとのこと。
この湿疹は先生の期待を裏切って、次の日は更に倍増していた。

湿疹の熱で表面は熱いのだが、なぜか寒気もする。

早速、専門の皮膚科Hクリニックに行った。
これは蕁麻疹でしょう。
それは昨日の救急病院でも言われていたので、驚きもしなかった。

注射をすれば時期に良くなるでしょう。
早速、腕を見せた。
ありゃ、これは血管が出ずらい腕だな~血管がないぞ~。
今まで採血検査の時は、ちゃんとやってもらってますから、血管が無いわけないです。
それはわかってるが、やりずらい血管ってことだよ。
昨日の救急病院の先生とダブって見えてきた。
でも昨日の先生は、悪戦苦闘しながらもちゃんとやったけどな。

今日のHクリニックの先生の結論が出た。

血管注射は止めにしよう。それにそうとうする強い薬を出すから。

自分としては、肩透かしをくらった感じで、このお医者さんに対しての信用は、かなり薄らいだ。

そして今日、言われた通りに処方薬を飲んだにもかかわらず、頭や全身に湿疹が広がっていた。

2週間分の薬をもらっていたが、2週間後なんていう悠長な事は言ってられない状態だ。

湿疹の部分が痛いやら痒いやら…そして熱は、熱いやら寒いやら…訳わかんなくなった。

医者を変える訳にもいかず、朝一番で出向いた。

この全身の症状に医者もビックリ!

今年は、いつになく乾燥しているので、乾燥肌から炎症を起こして蕁麻疹になるケースが多いと初めて医者らしいことを言ってくれた。

意を決したように、その医者は言った。
注射をしましょう。
でもその後がガッカリした。
でも血管出ずらさそうなんだよね~
やめろ!医者がそんなこと言うの!患者の前で…

となりの処置室で、右腕の血管に針が刺された。

うまく行くかどうか…
自分の胃も緊張で収縮していた。

薬が送り込まれると腕の中が痛いので先生に告げると、失敗だと言って針を抜いて、もっと血管の出ずらい左腕で挑戦することになった。

よく吟味した上で、おもむろに針が左腕に刺さる。
血液の逆流もない。ただの肉に刺したようなもんだ。
また失敗だ。
いいかげんにしろ!この○○医者!

本当は2回刺しちゃいけないんだけど、もう一度右腕で挑戦してみよう。
25年やってるけど、こういう人は初めてだ。と、やりながら医者の愚痴が出始めた。さっき刺した針穴から2~3ミリずらして、3回目の針が刺された。
先生も自分も何とか成功してくれと共通の意識を持って右腕の針に集中した。
逆流の血が出てきた。
血管内に入った証拠だ。
薬を送り込む。痛くない。成功だ。やっと…

血管注射でこんなに緊張したのは初めてだ。

先生の顔も安堵の表情を浮かべたのがわかる。(それが情けない。)


やはり、脂肪が多いのは色んなところでリスクが多いんだな~

長々ごめん。

コメントの投稿

本日のお告げ
拍手!
お店からのメッセージ
神ちゃまグッズ第4弾 懺悔の神ちゃま焼き オンライン販売 神ちゃまグッズ第3弾登場 電子書籍はじめました♪ 限定!神ちゃまチョコ
プロフィール

ブッチー武者(懺悔の神様)

Author:ブッチー武者(懺悔の神様)
オレたちひょうきん族の懺悔の神様こと、
ブッチー武者の公式ブログです。
新キャラクター「懺悔の神ちゃま」も登場!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。