スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブートジョロキア


ブートジョロキアは、まさに唐辛子の王者だ。

ハバネロをも遥かに越える。
タバスコの200倍の辛さというのは、決してオーバーな表現ではない。

ブートジョロキアを刻んだたった1平方センチメートルのピースでも相当破壊力のある辛さだ。

切れ味の鋭い辛さは、舌の痛みも伴う。
この間食べた山椒の凄いのは、舌が痺れてしまって味がわからなくなってしまったのだが、これは辛さとは違うものだった。

このブートジョロキアは舌の深部まで辛さが突き刺さってきて、一瞬にして汗が吹き出す。
それだけではない。
顔までが赤身かかってくるのだ。
辛いからといって、他の食べ物や水でごまかそうとしても、その辛さは舌に貼りついたようでかなりの時間消えることはない。

ブートジョロキアの本当の辛さは、中の種にある。
この種の辛さには、本当に脱帽だ。
一粒気付かずに食べてしまった時、気の遠くなる辛さと痛みが口の中に蔓延した。

それでも激辛通の僕は、1平方センチメートルぐらいに刻まれたブートジョロキアのピースをスプーンでわずかずつこそげ落とすようにして、一定の間隔をおいて口の中に運んだ。

激辛さにも少し慣れたのか、マヒしたのか、この店で出されたブートジョロキアを見事!完食したのだぁ~!

激辛通と思っている自分にまた自信がついた。

アドバイスしてくれた、従業員の人にも食べきったよと自慢せずに黙って店を出たのであった。(カッコイイ~!)

さぁ~次なる辛い物を求めて…
スポンサーサイト

タバスコの200倍の辛さ?!


今日の料理はインド料理に決めた!

カレーも大好きな僕は、機会があればインド料理をもと常々思っていたからだ。

激辛通の僕は、その店で大発見をした。

タバスコの200倍の辛さ、ブートジョロキア!
これを店内のメニューから知って、挑戦魂が沸々と湧いてきた。

店の人が言うには、ブートジョロキア入りのソースはなんとかなるが、ブートジョロキア自体を食べるのは止めた方がいいと親切に忠告してもらったが、そう言われれば言われる程食べてみせてやるという気迫が湧いてきてしまうのだ。

普通のカレーの中に、ブートジョロキア入りのソースを混ぜる。

タバスコの200倍の辛さって一体どんなんだ???カレーにかき混ぜながらも不安感に襲われる。

初めてバンジージャンプをする人が、飛び込み台の突端に立ったような気分だ

中本ラーメンの北極ラーメンの極辛3倍を制覇した僕だが、さらに強力なブートジョロキアを制覇できるのか?!

その詳しい実況は、今時間がないため明日に乞うご期待!!

食欲!


食べ放題が好きな訳じゃない。
近くにそういう場所があるから行ってしまうのだ。(なんちゃって…)
自分の心の中に、痩せたいという気持ちと食べたいという気持ちがせめぎあっている。
今のところ食べたいと思う気持ちが連勝中だ。

死にたいか食べたいかという事になると、きっとこの構図は変わるのだろう。


火曜日と金曜日だけのランチタイムの食べ放題バイキングの店は、とあるホテルの1階にる。

何回も行っていると、いつも来てる人の顔が段々わかってくる。

そんな中で、凄い女性を見た。
まるでフードファイター、ギャル曽根だ!

大皿にガッツリと盛りつけられたパスタ。
あっという間にたいらげてしまう。
それを3~4回繰り返す。
本当に美味しそうに食べながら…他の料理も、黙々とたいらげる。
飲み物も一気に豪快に飲み干す。

なのに、なのに、自分にとっては悔しい限りだ。
彼女は本当にビックリするぐらい痩せているのだ。
あんなに食べているのに…。
羨ましい~

何をやってる人なんだろう。
アスリートには見えないし…。

大食い選手権なんかに出たら、良い成績を残すんだろうな。

いつも1人でマンガを見ながら黙々と…。


店を出る時に、ふと貼り紙に気付いた。

今週の金曜日で、ランチバイキング食べ放題は、終わるとのこと。
きゃ~~~!それだけは止めてくれ~唯一の楽しみが無くなるじゃないかぁ~!参った!


ここにも不景気の影響は現われているのか?…。

*写真は、ギャル曽根のように食いっぷりが良くて、惚れ惚れした女性の後ろ姿

どうした?!マリナーズ

マリナーズが阪神戦に引き続き、巨人にも大敗を期した。

こないだは、日本が勝ってほしいと思っていたが、イチロー率いるマリナーズが連敗してしまうと、なぜか悲しい。

自分の気持ちもいいかげんなものだが、マリナーズにはなんとか3連敗は食い止めてほしい。

やっぱり大リーグは、強くあってほしいのだ。

車椅子

昨日、スーパーに買い物に行った。その時のこと。

歳の頃は、70歳代くらいな老夫婦に見えた。

男性の方は、車椅子に乗っていた。
歩道からスーパーの入り口には3センチぐらいな段があった。
奥さんらしき老女性が、その3センチくらいの段になっている所で、後ろから押しながら四苦八苦している。
なかなか越えられずスーパーの店内に入れない。

『お手伝いしましょうか?』僕が代わって車椅子を押すと難なく乗り越えられた。
老女性には、自分が照れるほどお礼を言われた。
当然の事をしたまでなのに…。

でも、ふと思う。
老人が老人を介護する大変さ。
不自由な人を動かしたりする時の力は、ツボを知っている人でも結構大変な事なのだそうだ。

ましてや、力が衰えてきている老人が介護する場合は、推してしるべしだ。

これからもまだまだ高齢者が増える日本。
赤ちゃんの出生率が低い。若者が少ない日本の今後を考えると…。

迷うなぁ~…

テレビを点けたら、マリナーズと阪神戦の試合を実況していた。

そんな事とは知らずに、偶然スイッチを入れたものだ。

面白い企画だが、はたと困ってしまった。

自分は、マリナーズを応援すべきなのか、阪神を応援すべきなのか。

マリナーズには、日本の誇り、世界の大打者イチロー。そして、ソフトバンク時代ファンだった川崎がいる。

阪神は、日本の野球チームだ。
日本人の僕としては、やはり阪神を応援すべきではないのかと…。

嬉しい悩みなのだが、両方応援刷るわけにもいかないし…。

そして結論を出した。


試合には阪神に勝ってもらい、イチローと川崎には、個人的に活躍してもらう。それで自分を納得させた。

野球中継は、途中で終わってしまったが、9回の表時点で5対1で阪神。
イチローと川崎は、ヒットを1本ずつ。

自分の描いたようになっていて、気分はルンルン♪…。

エディットピアフ

当店でカラオケを唄っていた女性のお客さんの声のビブラートがエディットピアフに似ているなと思った時、そうだ、エディットピアフの歌は多少知っていてもピアフ自身の事はなにも知らなかったことに気付いた。

伝説のシャンソン歌手。

エディットピアフのDVDを早速借りて観た。

やっぱり凄い!エディットピアフは!

歌の迫力と大きな流れの中の情緒感。
波乱に飛んだ人生の中から生まれてきてるのか。

こんな理屈をこねてわかろうとしてもつまらないことだ。

ただひたすら聞けばいい。

波のように押し寄せてくる感激の高まり享受しながら…。

思わぬハプニング

今、喫茶店でブログを打っていたところ、隣に座っていた40ぐらいの男性のお客さんが、マッチで(今時珍しいこだわりなのか)タバコに火をつけていた。

つけ終わったあと、消そうとしたがなかなか消えなくて、腕を4~5回大きく振ったがそれでもまだ消えない。最後におもいっきり腕を振ったら消えたんだけど、その瞬間腕の関節がポキッと僕のところまでハッキリ聞こえるような鈍い音に思わず吹いてしまった。

隣のお客さん、ごめんね。痛かったろうに…。

初めての女子会コース


当店メンバーも3時間3000円の飲み放題!カラオケ無料!の女子会コースを新設してから初めての女子会の皆さんの利用があった。

それは、富士大学の女子卓球部。

アテネオリンピックの全日本女子卓球の監督をしていた西村先生の率いる卓球チームだ。

卓球部の中でも今年は4人の卒業生がいて、その方たちを送る会だった。

卒業はおめでたいことなのだが、社会人になるのでみんなバラバラになっていく一抹の淋しさの感は拭えない。
それでも、さすがは体育会系、先生に『お前!カラオケを唄え~』と言われれば、逡巡することなくサッと行動に出る。

西村先生もお酒で良い気分になったのか、大好きな演歌を唄った。

その中で、とても良い歌だと思ったのが、千昌夫の《おやじ先生》だった。
卒業生の前でのこの歌は、僕も涙が出そうになった。

先生が『お前たち、これが俺の最後の歌だぞ』と言って、何曲も唄った西村先生の別れがたい気持ちがよく現われていた。
それがまた、自分の胸に熱いものが込み上げてきた。

富士大学の女子卓球部は有名だ。
彼女らに女子会コースを初めて利用してもらったのは、幸栄の至りだ。

在学の卓球部の皆さんは、更に大会で良い成績を、そして卒業生の皆さんは、社会人として更に社会に大きく貢献してください!

*写真は、卒業生の歓送会風景

2011プロレスLOVEin両国


3月20日の日、全日プロレス武藤敬司が率いるプロレスイベントを両国国技館に観に行った。

プロレスが昔より衰退してきたと言われる中において、両国国技館がほぼ大勢の観客で埋めつくされていたのは、本当に圧倒された。

印象に残った選手は、やはり圧倒的な体力の曙、技の斬れるケニーオメガ、その他にも凱旋帰国したという名前は忘れたが、日本刀を持って入場した覆面レスラー。まるで忍者のような軽妙な動きには目を離さずにはいられなかった。

武藤さんは、当然冠レスラーとしての存在感は凄かったが、膝を怪我していて、そのせいか動きに少し制裁を欠いていたかな。

全選手の格闘迫力は凄まじく、これからももっとテレビで放映してもらいたいものだと思う。

久しぶりのプロレスに満足した。

*写真;写メの性能が悪くて光で何が何だかわからないが、このリング中に曙がいるのだ。
本日のお告げ
拍手!
お店からのメッセージ
神ちゃまグッズ第4弾 懺悔の神ちゃま焼き オンライン販売 神ちゃまグッズ第3弾登場 電子書籍はじめました♪ 限定!神ちゃまチョコ
プロフィール

ブッチー武者(懺悔の神様)

Author:ブッチー武者(懺悔の神様)
オレたちひょうきん族の懺悔の神様こと、
ブッチー武者の公式ブログです。
新キャラクター「懺悔の神ちゃま」も登場!

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。